fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

Archive for the ‘view’ Category

謝る人、謝らない人

03.07.2017 · Posted in view

自分が間違っても全く謝らない、非を認めない人には本当に腹が立つ。

高齢者や社会的に地位が高い人は、プライドが邪魔をするのか簡単に謝らない人が多い。

間違ったことに気づいて、正しい知識や情報を身につけたほうがいいのに、それができないということは、人として進歩しないということ。

しかし、ミスする度に、すぐに「すみません」というが、いっこうに改善しない人にも「いい加減にしろ!」と言いたくなる。 (さらに…)

仕事をするということ

10.23.2016 · Posted in view

仕事をする以上、それなりのプライドを持って、自分なりに最大限を駆使してクオリティを追求するわけです。そのプライドとクオリティのバランスは、その人だけのものかもしれません。そこに付随する対価も、その人独特のものかもしれません。

自分の能力を発揮できる仕事をしてクオリティを発揮できれば、それ相応の対価は欲しい。でも、必要以上にふっかけるか。その金額は、それぞれの業種や職種やキャリアにもよります。

プライドがあるからこそ、これくらいのクオリティは保ちたい、逆に、自分のなかでの納得できるクオリティを発揮できない仕事に関しては、プライドは保てないわけです。満足できる結果を出せないと、クソ!と思って、なぜ、達成できなかったかを自分なりに検証する。

そこのバランスが、自分とあまりにもかけ離れている人とは、共通言語で話ができない。
そこそこのクオリティの仕事しかしないのに、プライドばかり高いのは、解せないし、許せない。さらに相場以上の金額を要求してくるのは理解できない。

まあ、要するに、価値観が近い人でないと、いい仕事はできないってこと。
仕事の内容は大事だが、誰とするかはもっと大事。

日本の常識って?

03.31.2016 · Posted in view

日本の常識って、何?

サラリーマン社会常識が、日本の常識なの?

世代、地域、業種、職種で、常識は違いすぎる。

なのに、自分の常識はどこでも通用すると思ってる人のなんと多いこと!

自分の常識が通じないと、キレたりする人、中高年に多い。

世の中にはいろんなルールがある。

郷に入れば郷に従え、といわれるほどなのに、自分中心に世界が回っている人が多すぎる。

幸せをあきらめないで

10.21.2015 · Posted in view

人には誰でも幸せになる力があると思う。

起きてしまった過去は変えられないけど、未来は変えられる。

幸せになるのをあきらめたら、そこでストップ。

どんなに大変でも、知恵を絞り、前を向いて進んでいくこと。

辛い過去がある人ほど、幸せを手に入れたときの喜びは大きい。

”正しい”人、なんていない

08.27.2015 · Posted in view

完璧な人間なんているわけない。

すべて正しい行いをしている人なんて、この世にいない。

この世に知らないことはたくさんある。

善悪は表裏一体。所変われば、すぐ裏返し。

「自分は正しい」とゴリ押しする人って劣等感の裏返し。

「私は正しい」

争いの根は ここにある

https://twitter.com/ssmuf…/status/634903473528528896/photo/1

国民年金の問い合わせで

08.17.2015 · Posted in view, 社会

国民年金のことで問い合わせ。
委託されてるアイヴィジットに対応してもらったけど、念のため管轄の年金事務所に確認したほうがいい、今日は7時までやってるのでと言われ電話したら、「今日は終了しました」と自動音声。

なんじゃそりゃと思ってアイヴィジットに再度連絡したら「こちらでは7時までと聞いています。上司に確認します」
で返答。
(さらに…)

結婚相手を選ぶポイント

08.04.2015 · Posted in view

結婚相手としてふさわしいのは、
お互いが子ども返りしてもいい相手。

居酒屋に行って酔っ払った時の二人の関係みたいに。

夫婦関係なんて酔っ払いだと考えればいい。

スタートの多くは恋愛で互いに幻想をもって
酔っ払ってるんだから。

相互に独立した大人、
成熟した男と女のカップルなんてのは、いない。

みんな地雷踏まない程度の距離感を保っているだけ。

人より優位に立つこと

07.09.2015 · Posted in view

みんな、人より優位に立ちたいんだね。

人それぞれ、十人十色なのに。

本来なら優劣なんてないのにね。

人を見下さないと、やっていけないっていう人は多い。

それは、幼少期から「認められない」「蔑まれてきた」という背景があるからかもしれない。

そこで、自分がされて嫌だったことを、なぜ、繰り返すのか?

人にはいろいろな能力がある。

それをいろんな角度から認める能力を身につけていかないと。

誰を信じるか

06.30.2015 · Posted in view

自分を信じないで、誰を信じるのか?

他人のことを信じて、鵜呑みにして、何かあったら、人のせいにするなんて、
責任逃れ、現実逃避でしかない。

自分で考えて出した答えに従って進む。

どこで失敗したり寄り道したとしても、考えるというプロセスは貴重な体験。

その体験があると、次に失敗しない、別の視点を見つけられる。

人をあてにしていると、いつまでたっても学習しない。

自分を信じるしかない。

【 思考停止 】
 
時々 誰を信じればいいんですか?
っと言う若い人がいるが
   (さらに…)