fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

Archive for the ‘震災復興’ Category

被災地の差し入れは迷惑

03.01.2017 · Posted in 震災復興

キングコング西野氏のブログの「”僕は”差し入れは要りません。迷惑です。」というエントリーに「気持ちを受け取らないなんてサイテー!」
「要らないなら、その場で受け取って、誰かにあげればいいじゃないか!」などという批判が殺到したという。

西野氏は、阪神大震災では被災者、東日本大震災の被災地にも行ったことがあるという。

安易なモノの差し入れは、相手を困らせることがあるということを理解できない人間が多い。

自分の生活、価値観でしか考えられない人間。

地域や文化、状況が変われば、そのモノがどういう存在になるか?

想像力の欠如した善意の押し売りは、迷惑でしかない。

(さらに…)

震災遺児の遺産で叔父が贅沢三昧

02.19.2017 · Posted in 子ども, 社会, 震災復興

子ども1人だと本当にどうにもできない。

血縁だからといって簡単に全部預けるのは危険過ぎる。

未成年後継人を定期的にチェックすることはできないのだろうか?

懲役6年も短すぎる。

お金は戻ってこないし、この子はこのあと、どうやって生きていくのだろう・・・

それにしても朝日新聞が片棒担いでいて何の責任も問われないのは腹がたつ。

メディアは自分たちの報道による影響に知らんぷりでやっていけるなんて楽なもんだ。
この子が自殺してたら、自殺幇助になるのに。

●震災遺児の遺産で贅沢三昧 叔父の悪行 ベンツ、ロレックス、ハーレーダビッドソン… (さらに…)

もうすぐ6年 志津川病院

02.16.2017 · Posted in 震災復興

東日本大震災からもうすぐ6年。

南三陸町志津川病院での、当時の状況を、今あらためて読み返す。

震災から1週間後、その地に出向いた時の記憶と、あの、言葉が出ない、得も言われる感覚がよみがえる。

決して忘れてはいけない。
(さらに…)

災害時に情報収集できるWEBソースまとめ(2016年版)

10.19.2016 · Posted in 震災復興

2016年は、熊本地震に続き、鳥取でも地震。

日本全国どこで地震が起きておかしくない。

いくら備えても損はない。

●災害時に情報収集できるWEBソースまとめ(2016年版)
(防災ガール) 
http://bosai-girl.com/2016/04/16/saigai_web2016/

何か災害が起きた時、必要な情報をどうやってチェックできるかまとめました。
自分が被災した時、また被災した知人に教えたいときにご活用ください。

(さらに…)

シングルマザーの災害時の困難

06.15.2016 · Posted in 子ども, 震災復興

シングルマザーの母子家庭は、平時のときから安定収入が得られず平均年収が低い。

災害が起きれば、困難は増す。

そのうえ、母親が難病や持病があったり、子どもに障害があったら、困難を極めるのは目に見えている。

何重にも重なった困難を抱える人には真っ先に支援が届けられなければいけないのに、声をあげられず、支援になかなかつながらない。

また、その支援を受けると、将来的に普通の生活に戻れなくなったり、コミュニテイ内で差別を受けたりなどという場合もあるので、支援を受けるかどうかを悩む場合もある。

最低限の健全な生活が保障されていない日本。

●被災地に生きる 息子の貯金崩し生活費
(西日本新聞 2016年06月07日 01時54分)
(さらに…)

熊本地震 被災地の子どもの心のケア

06.10.2016 · Posted in 子ども, 震災復興

震災の恐怖は、そう簡単に消えない。PTSDになるのは人間として逃れられないことだし、その程度は個人差がある。

心の傷をゆっくりじっくり癒すサポートが重要だ。

安易にマニュアル化したり、クスリを処方するなどもってのほか。
クスリは、何も解決しないどころか、その後の体調を悪化させ、子どもの一生を台無しにするだけだ。成長期に向精神薬を与えても全くいいことはない。

回復まで時間がかかる。
周りの大人も大変だし辛いと思うが、心に寄り添うことが大切だ。

被災地の学校(1)保健室 見えない子どもの心
(西日本新聞 2016年06月09日 15時00分)

http://www.nishinippon.co.jp/feature/education_now/article/250814

(さらに…)

熊本地震 子どもの心のケアの必要性

05.08.2016 · Posted in 子ども, 震災復興

熊本地震が4月14日に起きてから1ヶ月余震が続いている。

子どもの様子に異変が起き始めている。

東日本大震災のときも、数ヶ月たってから子どもたちの言動に異変が起きた。
東北のときの教訓が活かされることを望む。

【熊本地震】
「家に帰るのを嫌がる」「急に怒る」子供の心に異変 ケア活動活発化 
相次ぐ余震に不安、熊本市6万人調査へ
(産経ニュース 2016.5.7 20:06) (さらに…)

震災遺族に対する名取市の酷すぎる対応

03.26.2016 · Posted in 震災復興

名取市長の信じられないほど、酷い対応。

12年11月、4000筆の署名を添えて、検証委設置を求める請願書を出しても、「請願は法的効力がないので、設置するかは行政側の自由」といい放ち、検証委設置したのは請願採択から8ヵ月後の13年8月。

検証委が出した行政に対する厳しい結果や批判に対しても、市民に納得いく説明もせず。
(さらに…)

「災害看護」の概念を創りだした看護師

01.19.2016 · Posted in 震災復興

阪神大震災からもう21年。
災害の現場で、素晴らしい活動をした、黒田裕子さんという看護師さんがいた。

普通の看護師でも、ここまでできないと思う。

災害支援をしている当事者でさえ、どこまで配慮できるか。

さらにどこまでやるか、実行に移せるか、人によって判断が違う。

デキる人とデキない人。
やればいいことをわかっていても行動には移せない人。
(さらに…)