fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

Archive for the ‘子ども’ Category

子どもの貧困 数字が少しよくなっただけ

07.03.2017 · Posted in 子ども

2015年の調査で、子どもの貧困率は、《6人に1人》から《7人に1人》になり、数字としては改善した。

しかし、この調査自体、いろいろ問題あり。実態がこの数字どおりとは限らない。

母子家庭は、全く改善しておらす、2人に1人が貧困のまま。
先進国としては異常。

アベノミクスは失敗しているのに、一部、企業だけが業績アップで経済効果があったといっているが、貧困層は何も変わらず、非正規雇用の実態は何も改善されていない。

少しだけの手当の金額を増やしたり、給付型奨学金ができたのは、前進ともいえるが、貧困から抜け出すのは程遠い。

貧乏人は自己責任、といわんばかりの国の政策。
(さらに…)

子どもの貧困 「居場所」の重要性

07.01.2017 · Posted in 子ども

子どもの貧困を解決するために、
ただ、お金をばら撒けばいいか?

そもそも、家庭が貧困なわけだから、親も貧困。
お金を配ったからと言って、子どものために使われる可能性は低い。

足りないモノを配ればいいか?
モノがたくさんあっても、うまく使う能力、環境がなければ、意味がない。

勉強を教えればいいわけでもない。

支援の最終目的は、自立。

自立するには、コミュニケーションも知識も人間関係を築く意志も必要。
ひとつのものを与えるだけではダメ。

自分で生きる術を身に付ける意欲を持つこと。

そのためには、自分が自分らしくいられる居場所が必要。

まず自分と向き合える、自分を表現できる、自分のことを自分で考える、そして決める。

そういった人として成長していくさまざまなものを手に入れられる「居場所」は、とても重要だ。

子どもの貧困 「居場所」とは何か? 居場所が提供するもの、そして問うもの
 湯浅誠 | 社会活動家・法政大学教授
(Yahoo!ニュース 3/28(火) 7:49) (さらに…)

胎内記憶の不思議

06.15.2017 · Posted in 子ども

胎内記憶、2歳くらいまでは覚えてる子が多いといわれる。

うちの長男も、2歳頃に、知らないはずの音楽を知ってる!といっていた。
妊婦の頃、よく聞いていた音楽だったので、驚いたことがある。

“ 胎内記憶は決して珍しいものではなく、実は100 年以上も前から世界中で報告されてきたそうだ。胎内記憶という概念を日本で広めた産婦人科医の池川明氏が行った調査では、実に33%の子どもが「胎内記憶がある」と答えたそうである ”

3分の1の子に、胎内記憶があるといわれても、不思議だと思わない。

記憶があっても、コミュニケーションの方法を習得する前だから表現できないだけなんじゃないか? (さらに…)

「しなさい」の危険性

06.14.2017 · Posted in ことば, 子ども

親が子に「しなさい」といって有無も言わさず、言う通りに従わせる権利はない。

親も子も、ひとりの人間。

子どもにも、やりたいこと、やりたくないこと、選ぶ権利はある。

やりたいこと、
やりたくないこと、
やったほうがいいこと、
やらなければいけないこと、
やらなくていいこと、
やってはいけないこと・・・

子どもが、これをきちんと判断できるようにするのが親の仕事。

「しなさい」では、学ぶ機会を奪う。

親は気の上に立って見る

親が自分の子どもにしてはいけないことの代表格が、「しなさい」という言葉を投げかけること、そして「してはいけない」という言葉を投げかけることです。これは世の中の親でできている人はおそらくいないでしょう。しかし減らすことは可能であり、そのためには親の発想を完全に変える必要があります。 (さらに…)

親が変われば、子どもも変わる

04.12.2017 · Posted in 子ども

獨協医大・永井伸一名誉教授の3000人の調査によってわかったこと。

・無気力症候群になる学生には、父親が高学歴だったり、成功者であるというケースが非常に多かった。

・両親共に教師という家庭でも、多くの場合子育てはうまくいっていませんでした。

・先生といっても、親が幼稚園の先生の場合、子供は割合良い方向に育つんですよね。

・圧迫系の育て方をされた子供は、消極的で、困難にぶち当たるとすぐに逃げる臆病な性格になってしまいます。

「親が変われば、子供も変わるのです。」

この一言につきる!!

●獨協医大・永井伸一名誉教授「子供をダメにする」親の研究
3000人の親子を聞き取り調査して分かったこと
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31665

児童虐待:2016年、最多5.4万人

03.10.2017 · Posted in 子ども

年々増える児童虐待。

この数値は、実際に虐待数が増えているのか?
それとも、潜在的にあったものが表に出てきているのか?
今までの解釈から切り替わったのでカウント数が増えたのか?

そのあたりは、定かではない。

昔は、児童虐待は存在していないことになっていた。
親の体罰はしつけの一種と解釈されていたし、近親間性虐待はなかったことにされていた。今でもその傾向は強い。子どもは親の所有物という風潮もまだまだある。

声をあげられない子どもたち。
子どもの人権を軽くみる日本。(そもそも、子どもだけでなく、人権が尊重されてない国)

戦争に向かおうとしている安倍氏の政策だと、今後さらに増える可能性がある。
(さらに…)

くまのプーさんたちが精神科医に行ったら

03.01.2017 · Posted in 子ども

子どもは、いろんな行動をする。

大人から見ると、不可解かもしれないけれど、子どもは思いのまま行動しているだけ。

必ずしも、大人が理解できるとは限らない。

本人なりに理由がある。

大人の作ったモノサシにあわなければ、異常とされ、病院に行くように学校からもいわれ、勝手に病名や障害名をつけられる。

そのモノサシ、そのものが、正しいのかを疑わず、人をはかることばかり考えて、標準枠から外れるものをあぶり出す社会。

同調圧力と排他主義。 (さらに…)

愛着障害

03.01.2017 · Posted in 子ども

愛着障害。
随分前から認知されているのに、日本の現場ではきちんと対応されているのだろうか?

わざわざアメリカから専門家を呼ばなくても対応できる人たちはたくさんいる。

日本でのそういう人たちはきちんと認められているのだろうか。

そして、その対応方法が、学校や幼稚園の教員たちにきちんと共有できるルートが築かれているのか?浸透しているとは思えない。

大人の対応次第で改善できるのに、問題行動として処理され、発達障害のレッテルを貼られる。

そこを重要視しない行政、理解しようとしない福祉や教育関係者が少なくないことが問題だと思う。 (さらに…)

児童相談所の実態

02.26.2017 · Posted in 子ども

児童相談所の闇と子ども狩り。

児童相談所は、子どもを保護する場所と信じ込まれているが、そうではない事例が山のようにある。

一度、保護(拉致)されたら、親が会いたくても会えない。

法的に訴えても、児相側の保護の判断基準が優先されてしまう。

いつ拉致されるかわからない現状を知ること、
「自分は大丈夫」と思わないこと、
まずは、この実態を知ることが重要です。
(さらに…)