fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

Archive for the ‘動物’ Category

森の中に『猫の町』(トルコ)

09.27.2017 · Posted in 動物

トルコの黒海地方にあるサムスン市に、四国の半分ほどの大きさの森林区域の一角に『猫の町』と呼ばれる野良猫たちの施設が設立されている。

障害があっても高齢でも、どんな猫でも受け入れてくれるうえに、常駐スタッフがいて病気の治療や健康管理もしている。

人間と猫の共存をめざしているのが、素晴らしい!

見た目のかわいらしさだけで飼い始め、言うことをきかない、面倒くさいといって捨てたり、保健所に連れていく最低な日本人とは段違い。

●野良猫が幸せに暮らせるように、森の中に『猫の町』を作った人達。猫達も町の暮らしに満足しているようで
http://eureka.tokyo/archives/125551 (さらに…)

モンスター飼い主

09.15.2017 · Posted in 動物

モンスター飼い主。

ペットを飼うとはどういうことか、飼い主でやるべきこと、守らなければ罰則など、ある程度のトレーニングしてから飼うようにできないか。

ペットは命あるものです。

その自覚がない人間は、飼い主になってはいけない。

早く生体販売を止めてほしい。

●動物病院のモンスター飼い主、治療費踏み倒しや安楽死希望者も
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00000011-pseven-soci (さらに…)

武田薬品の動物実験場。悪魔の実験場。

09.15.2017 · Posted in 動物

神奈川県藤沢市にある、武田薬品の動物実験場。

世界の動物実験の半数の動物が、日本で実験されている…一日900㎏にも及ぶ動物の遺体が処理されているデータなど、あまりにおぞましい記事に満ちていた。

悪魔の実験場。

化粧品の動物実験が世界的に問題になっているなか、
日本では、平気で行われている。

人間のためだから仕方がないという意識で、動物の命が粗末に扱われている。

この感覚、いつまでたっても日本人は抜けない。

戦時中の731部隊や人体実験もそうだったんだろう。

為政者は、何かの大義名分があれば、一般人や動物には何をやってもいいと思っている。

勝手な解釈の下層な人、貧乏人、障害者、韓国人、中国人、女、子ども、そして、動物には、上層の人のためには、命を捧げるのが当たり前とかいう感覚なんだろうか。

早速、竹田薬品の不買運動しましょう!

●アリナミンA武田薬品の世界最大規模の動物実験場
https://ameblo.jp/buffaloes1988/entry-10811493391.html

札幌市は犬の殺処分ゼロ4年目

09.14.2017 · Posted in 動物

札幌市は犬の殺処分ゼロ4年目だそうです!

素晴らしい!

●「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」
札幌市は犬の殺処分ゼロ4年目に入りました~北海道
http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-1983.html

ーーー北海道札幌市では2014年度に
初めて犬の殺処分ゼロを達成してから
現在もゼロを継続しています。
(重病などで死亡した犬は含んでいません)

ーーー官民一体で協力体制を取りながら
どうぶつ達との共存を図っています。

HOKKAIDOしっぽの会ホームページ 

https://goo.gl/3ezhlB

保護された猫と犬のみ販売できる、サンフランシスコの条例

02.21.2017 · Posted in 動物

日本では法的に“モノ”扱いのペット。

ブリーダーが産ませて、子犬や子猫をペットショップで、軽々しく販売するから、ペットを飼うことの自覚のない飼い主が、めんどくさくなって捨てたり、保健所に持っていったりする。

本当に許せない!!

そもそもペットショップが、見た目だけで販売するから、小さな命が粗末に扱われる。

サンフランシスコのこの条例は画期的。

保護された猫や犬だって元は、販売されたのかもしれない。

命は同じ。

●「ペットショップで販売できるのは、保護された猫や犬だけ」
サンフランシスコで、新条例が可決される
(The Huffington Post) (さらに…)

「犬猫殺処分0」を目指す熊本市動物愛護センター

07.25.2015 · Posted in 動物

年間20万頭の犬猫が殺処分される現実に立ち向かうため、熊本市動物愛護センタ-では、2002年、「犬猫殺処分0」の目標を掲げた。

動物愛護センターに連れてきた飼い主を説得したり、殺処分に立ち会わせたり。

人間の勝手さを自覚させ、命の大切さをわからせる。

人として当たり前のことをきちんと実行。

数は激減したがゼロにはなっていない。でも、これは素晴らしい成果。

他の都道府県も見習ってほしい。

●前人未到の「犬猫殺処分0」を目指す熊本市動物愛護センターが注目されている
http://matome.naver.jp/odai/2137448040786520801

・環境省の調べによると、平成22年度に全国の自治体で殺処分されたペットの数は、犬・猫だけでも年間約20万5000頭にも及んでいる (さらに…)

動物病院選びは慎重に!

01.26.2014 · Posted in 動物

アニマルメディカルセンターでのポメラニアンの不慮の死。
病院側から死因の説明もないため民事裁判を提起。

アニマルメディカルセンター(所在地:アニマルメディカルセンター)を本院とする東京動物夜間病院(東京都品川区)でポメラニアンの不慮の死。病院側から死因の説明もないため民事裁判を提起。
http://www.ne.jp/asahi/saint/fairy/

そのなかで、動物病院の届け出について、自治体のいい加減な状況が明らかになっている。

アニマルメディカルセンターは、届出の病院所在地が実際の建物住所と違っています。動物救急医療センターは届出からしてされていませんでした。無届営業だったのです。
これについて神奈川県の担当者からは、「きちんと取り締まったら半分の動物病院を営業停止にしなければならなくなる。」と、不正営業を黙認しているような発言がありました。

(さらに…)