fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

Archive for the ‘医療全般’ Category

元ボクサー竹原氏のガン闘病。医療を鵜呑みにしてはいけない

08.17.2017 · Posted in ガン, 医療全般

元WBA世界ミドル級チャンピオンの竹原慎二氏は、1年間自覚症状を訴えていたにも関わらず、前立腺炎、前立腺肥大と診断され、血尿の検査も放置。

そして突然の膀胱がん余命1年宣告。

最終的に東大病院で、信頼できる医師に出会い、納得のいく治療ができたそうだ。

しかし、それ以前の医師たちの診断も治療もひどいもんだ。

医師は、怠慢で間違った診断して、患者の命が亡くなっても、責任をとらなくていいし、それまで治療費として稼げる、いい商売。

医師のいうことを鵜呑みにしてはいけない。

医療は、患者側が情報を収集して、見極めて選ばないといけない。
(さらに…)

絶対に不要なワクチン9種

08.12.2017 · Posted in ワクチン

ワクチンを受けない子どもより、ワクチンを受けた子どものほうが罹患率が高かったり、ワクチン自閉症の関係があるといわれたり、イタリアではワクチン反対運動が行われたり。

そもそもワクチンとは、弱毒化したとはいえ、病原菌。

そんなものを、小さい子どもの身体に入れて、免疫をつけるといったって、100%安全なわけがない。

病気になるのを待っているより、病気をつくる、もしくは、病気になる恐怖を植え付けて予防といってワクチンを打たせるといのは、製薬会社、医療の儲けるための手段。
(さらに…)

ロキソニンの副作用に「腸の狭窄・閉塞」追加

04.02.2017 · Posted in 健康, 医療全般

頭痛、歯痛、関節痛などの痛み止めとして、使われている鎮痛剤「ロキソニン」。

どんな痛みにも効くので、医師はよく使っていたが、2011年から市販されるようになり、かなり安易に使われるようになった。

以前は処方薬だったということは、使い方を間違えると危険、副作用が多いということ。重大な副作用として「小腸・大腸の狭窄・閉塞」があげられる。

それをわかった上で使わないと、かなり危険。

(さらに…)

クスリの副作用での死は、交通事故死の20倍?!

02.19.2017 · Posted in 医療全般

医師は製薬会社にいわれたまま、クスリを出すだけ。

これが、治療?
その前に、副作用はわかって出しているのか?

副作用についてもちゃんとわかっているといったって、製薬会社の言いなりでしょう。
クスリを売るための情報なんだから、それほど悪いことは言わないでしょう。

医師は、自分の知識で病気や症状をなんとかするということを放棄してる。
ただ、ただ製薬会社の手先。

●交通事故死の約20倍?!薬の副作用で死んでいく悲しい現状 (さらに…)

ワクチン接種後のアフリカの子供達

02.16.2017 · Posted in ワクチン

ワクチンをうつとどうなるのか。
ワクチンを多くの人に接種させることは、一体、何を意味するのか。

病気を予防するものではないのは確か。
国が推奨してるから、といって打った後どうなっても誰も責任はとらない。

あくまで化学物質。一般の人は、どんな成分かもよくわかってない。

そんなものを体内に入れるということは、どういうことか、

ビル・ゲイツは何をしようとしているのか。

よく考えないといけない。 (さらに…)

ロキソニン(鎮痛薬)の怖さ

11.26.2016 · Posted in 健康, 医療全般

「ロキソニンを飲み続けたせいで、体温調節する中枢である脳幹の部分の血管が、異常に収縮し、右脳に血液が流れにくくなったのが原因」

ロキソニンは、解熱剤でもあるので、飲み続けると、体温は下がり続ける。長期に服用すると血管が収縮し血管障害を引き起こす副作用がある。

左半身麻痺にまでなって、医師に抗議して、ロキソニンを飲むのを止めたら、治ったとのこと。

ロキソニン、こわい!

●母はロキソニンの副作用で脳幹梗塞になりました(実例) | 健康と病気事典

http://kenkoubyouki.com/?p=4623

(さらに…)