fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

困窮な子どもたちを支援するには

06.29.2016 · Posted in 子ども

日本の子どもの6人に1人が貧困ということがようやく浸透してきて、様々な支援策が現れてきている。

支援策もひとつの視点ではダメ。困難な状況に陥っている人、子どもは、食事、金銭、教育、病気、障害など様々な要因が複雑に絡み合っているので、ひとつの手を差し伸べたとしても簡単に解決できないのが現状。

また、支援策にもたどりつけない人が多い。そもそも、いろいろな情報を発信しても、ネットやメディア、人間関係が乏しいと情報そのものにアクセスできない。

本当に困っている人に、どうリーチするかが、非常に重要な課題。

●親に搾取される子どもたち 家庭への支援どうすれば
(朝日新聞 2016年6月27日05時00分)

 親から最低限の食事や金銭、教育の機会を与えられず、困窮する子どもたちの現状を報告した5月の連載「子どもと貧困 頼れない親」には、多くの反響がありました。こうした状況にある子ども、家庭をどう支援すればいいのか。投稿や専門家の意見をもとに考えます。

■母子生活支援施設長 廣瀬みどりさん(59)

 「頼れない親」の背景を知りたいというご意見を多くいただきました。困難を抱える母子に20年間寄り添い、自立を支援してきた母子生活支援施設の廣瀬みどり施設長(59)に聞きました。

     ◇

 「頼れない親」は確かにいます。その多くが、貧困の中で大人になり、虐待やDVを受けたり、障害などを抱えたりしています。子育て、家事、金銭管理、人付き合い……。苦手なことが多くあります。「常識」で判断すると「ダメ親」と思われてしまう人もいます。

 ですが、よくよく関わっていくと、私たちと大きくは変わらない。ただ、大切にされた経験がなく、人間不信でSOSの出し方を知らないのです。家庭でも学校でも「問題児」という扱いを受け、社会的なチャンスを奪われ、ひどい場合は身体的、金銭的な搾取の中で育っています。善悪の区別を教えてもらった経験もない。自尊心が低く、極端に心を閉じるか、攻撃的になるか。振れ幅が大きく、孤立しがちです。

 私たちはまず、「あなたも大事な存在なのよ」とメッセージを送り続けます。そして、料理、掃除、節約の仕方、子どもとの遊び方、人との関わり方な どを、悩みを受け止めながら一緒に体験し伝えていきます。そうすると、少しずつ親も心を開き、子どもほど早くはないですが、変わるのです。

 2年前から、公民館で子どもに勉強を教える会を地域の人たちと始めました。家はごみ屋敷、親は子育てが苦手。厳しい状況の子もいて、地域の人たち は「あんな親なら、子どもは離れて暮らした方が幸せなのでは」と心配します。でも、子どもはママやパパが「一番好き」って言うんです。だから私たちは地域 の人にこう言います。「親なんだけど経験がないだけ。排除しないで、子どもたちのために、見かけたらあいさつしてもらえませんか」と。すると、近所の人も 少しずつ関わってくれるようになりました。親の態度も柔らかくなり、地域がその家庭を気にかけるようになりました。

 子どものため、排除しない。貧困の連鎖を断ち切るためには、SOSを出せない親の背景を理解し、子どもを通して親も心を開いていけるような地域づくりが大事だと思います。(聞き手・山内深紗子)

■立教大教授(社会福祉学) 湯沢直美さん

 子どもの貧困に詳しい立教大の湯沢直美教授(社会福祉学)にこうした子どもや親への支援のあり方を聞きました。

     ◇

 困っていることを自覚していない親もいれば、相談窓口に行かない親もいます。その前提で支援の仕組みを作らなければなりません。

 親に対しては、寄り添い、信頼できる第三者が必要です。子どもを通して出会う保健師、保育士、教員らはキーパーソン。特に乳幼児期から専門家に「困りごとに付き合ってもらえた」という経験があれば、その後も頼ろうと思えるものです。

 子どもには、事情を話せる大人が不可欠です。学校でSOSをつかむ方法として神奈川県立田奈高校の「ぴっかりカフェ」が参考になります。図書館でお茶を飲みながら外部の支援者らとおしゃべりする中で、気づきや相談につなげます。

 高校に行かない10代後半の子は、行政に存在を十分に把握されていません。「子どもシェルター」は18歳を過ぎた子も逃げてこられる。広がればより多くの子を支援できます。

 親子を丸ごと支援する場として、母子生活支援施設のような機能がもっと評価されてよいと思います。母親の親の代から困難を背負っていることにも気づけます。在宅ではわからない暮らしも把握でき、柔軟に支援しやすい。

 産前産後に入れる施設はほとんどありません。職員の手を借りて、頼れる人がいない親や、虐待や貧困を経験した親の「困難の連鎖」を断ちきる場とし て設置を急ぐべきです。海外にある若い親向けの母子施設や、両親のいる家庭でも入れるケアがセットになった住宅もつくっていきたいものです。

 施設を出た後も、子どもが学習支援を受けたり、親が話を聞いてもらえたりする居場所があれば、親子丸ごと支援につながります。傷ついた親にも信頼できる他者が必要です。(聞き手・中塚久美子)

■寄せられた提案は

 寄せられたご意見の中から、親を頼れず苦しんだ経験を持つ人や子どもの支援に携わってきた人からの提案を紹介します。

 ●東京都の主婦(39) 小学生のとき家計を支えていた祖父母が相次いで亡くなり、母と2人の暮らしになって困窮しました。担任に給食費を払えないと言えず、「忘れた」と言ってはびんたをされていました。

 母は収入が低いのに金遣いが荒く、借金を重ねていました。生活力も乏しく、市営住宅の減額手続きをせずに家賃を滞納。児童扶養手当も面倒くさがって請求していませんでした。生活保護は「そんな情けないことはできない」と嫌がり、もらいもののジャガイモで1週間、水だけで3日間過ごしたこともあります。

 家が散らかっても、洗濯物が雨にぬれても私のせい。周囲の大人には「お母さんは仕事して大変なんだから、あなたがしっかり家のことしないと」と言われました。なぜ子どもの私が大人以上の我慢を求められるのか、納得できませんでした。

 プログラマーになろうと、アルバイトして学費を払いながら高校に通っていました。でも母に使い込まれ、通えなくなって中退しました。借金まみれの親をみており、返すあてのない奨学金は申請する気になれませんでした。面接やテストなどの壁があってもいいから、給付型の奨学金が欲しかったです。

 普通の家で育つと、「親は正しい」という価値観を持つのでしょうが、育てる資格のないような親もいることを知ってほしい。「親の言うことを聞け」 と言われて、苦しむ子どももいるのです。そんな子どものSOSをすくってくれるスクールカウンセラーのような存在が、もっと増えてくれたらと思います。

 ●宮城県のパート女性(52) 実家は造船業を営み、幼い頃は羽振りがよかったのですが、両親とも家庭を顧みず、つましい生活ができない人たちでした。事業が傾いてもそれは変わりませんでした。

 兄と姉は大学進学を諦め、働いて家にお金を入れていました。私も高校からアルバイトをして家にお金を入れました。親戚も「親の面倒をみるのは当然」と言い、私もお金を渡すことが親孝行と信じていました。何より、お金を渡したときの母の喜ぶ笑顔が見たくて従っていました。

 結婚後もお金の無心は続きました。職場に電話してきて「税金を滞納しているから明日までに20万円用意して」「友だちに2万円貸して」などと頻繁に要求されました。兄は借金の保証人にされ、姉はクレジットカードを使われ続け、姉が嫁いでも親の借金の請求が来ていました。

 親の奴隷のように感じながらも、誰に相談していいかわからず生活していました。よく当たるという占師や宗教を頼り「5年耐えたら何とかなる」と言われて心の支えにしたこともあります。知識がなく、弁護士に頼むといった考えも浮かびませんでした。

 母親が今年3月に亡くなり、改めて考えてみると、親こそ、誰かの助けが必要だったのではないかと思うようになりました。気づいた段階で、行政など が経済観念のない親の生活指導に入るなど、親をサポートする仕組みがあれば違ったのではないか、私たちのような人をもっと減らせるのではないか、と思って います。

 ●北海道のソーシャルワーカーの女性(54) 数年前まで自立援助ホームなどの施設で働いていました。入所している子のアルバイトの給料を搾取する親、ふだんは来ないのに、お金がなくなった時だけ子に会いに来て、「借りる」と言いながら結局返さない親がいました。

 職員は子どもがお金を渡すのを止められませんでした。子どもは親をあきらめきれないのです。ひどい虐待を受けていても、一度でも優しくされた経験 を覚えていて、親が目を覚ましてくれるのではと、お金を渡してしまう。職員が「きっと返ってこないよ」と言いたくても、渡すのを止めれば親を否定させるこ とになり、子どもが反発します。親とそのような関係が続いたまま子どもが退所し、もどかしい思いをしました。

 子に対する親の依存は、家族だけでは解決できません。

 周りの人には、その子が自ら親と距離をとり、自分のために生活や幸せを築こうと思える環境をつくることができると思います。

 子どもは社会で育てるべきです。施設を出た後も含め、20歳になるまで横断的に子どもを見守る仕組みや、何かあってもここに行けば助けにつながれるというワンストップの支援があればいいと思います。子どもにとってのあたたかい居場所が必要ではないでしょうか。

■子どもの貧困、学校で把握しやすくする仕組みを

 読者のおたよりと取材から、親に搾取される子どもは少なくないと実感します。子どもが助けを求めるならどこか。一番に思い浮かぶのは学校です。苦 境に気づき、解決能力のある機関につなぐ役割が期待されます。でも、今の人員配置では余力はなさそうです。問題に気づいても、親の理解を得られず支援が届 かない場合もあります。子どもの6人に1人が貧困という時代。人と予算を手厚くし、学校で把握しやすくするとともに、解決にあたる専門機関や仕組みが必要だと思います。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ683DMVJ68PTIL009.html

Leave a Reply

WP-SpamFree by Pole Position Marketing