fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

Archive for 2月, 2017

児童相談所の実態

02.26.2017 · Posted in 子ども

児童相談所の闇と子ども狩り。

児童相談所は、子どもを保護する場所と信じ込まれているが、そうではない事例が山のようにある。

一度、保護(拉致)されたら、親が会いたくても会えない。

法的に訴えても、児相側の保護の判断基準が優先されてしまう。

いつ拉致されるかわからない現状を知ること、
「自分は大丈夫」と思わないこと、
まずは、この実態を知ることが重要です。
(さらに…)

子ども貧困、東京都の調査

02.24.2017 · Posted in 子ども, 社会

ようやく東京都は、実態把握に乗り出した。
今までは、自己責任で片付けていたけれど、放っておけなくなったんだろう。

しかし、貧困の実態を数字で把握するだけでは、何の意味もない。

その実態は、ひとりひとり違うし、必要な支援も違う。

「貧困だから、◯◯な支援をする制度をつくった」だけでは何も変わらないだろう。

その手続きは誰がどうやってするのか?
貧困で生活が大変な人は、手続きする時間もないし、そもそも、そういった情報が届かない。

さらに、貧困認定されることで新たに起こる問題もあるので、貧困だと認めたくない人もいる。

「貧困で満足な食事を食べられないから、食事を支給」といっても、本当に困っている人がどれだけくるのか?

「家賃が払えないから無料で家を貸す」といって、ひとところに集めたら、貧困の看板を背負うことになるので、拒否する人もいる。

お金をばらまいても、親が自分で使ってしまう場合もある。

「足りないものを与える」という短絡的な支援策を用意するだけでは全然ダメ。 (さらに…)

保護された猫と犬のみ販売できる、サンフランシスコの条例

02.21.2017 · Posted in 動物

日本では法的に“モノ”扱いのペット。

ブリーダーが産ませて、子犬や子猫をペットショップで、軽々しく販売するから、ペットを飼うことの自覚のない飼い主が、めんどくさくなって捨てたり、保健所に持っていったりする。

本当に許せない!!

そもそもペットショップが、見た目だけで販売するから、小さな命が粗末に扱われる。

サンフランシスコのこの条例は画期的。

保護された猫や犬だって元は、販売されたのかもしれない。

命は同じ。

●「ペットショップで販売できるのは、保護された猫や犬だけ」
サンフランシスコで、新条例が可決される
(The Huffington Post) (さらに…)

体温を上げるには

02.21.2017 · Posted in 健康

健康な体温は、36.5度以上!!

低体温だと病気が増える。

体温をあげる方法

低体温が病気のリスクであり、癌その他の入り口になることは知っていることでしょう。しかし実際に体温をあげる方法となると悩んでしまうものです。実は簡単なことですが一般人は気付いていないようなので、その方法や食べ物を考察してみましょう。

1.砂糖や精製穀類などの精製物をやめる
これらはやってみるとすぐにわかりますが、砂糖は麻薬の言葉通り一番難しかったりします。また砂糖は止めれたけど精製穀類は止めれないという人がたくさんいますが、GI値も高く砂糖に近い組成なので要注意です。

2.筋肉量を増やす (さらに…)

マンモグラフィーは有害

02.20.2017 · Posted in 健康

マンモグラフィーは、乳がんの早期発見はできない。

マンモグラフィーで乳がんを疑われて検出された腫瘍の70%は癌ではなかったことも報告されている。

さらに、毎年のマンモグラフィーで乳がん発症を促進させるという研究報告まである。
病気でもないのに、頻繁にレントゲンを浴びていたらなる可能性が高まるのもわかる。

がん検診自体が、医療機関の売上目的。

マンモグラフィーの嘘
(さらに…)

クスリの副作用での死は、交通事故死の20倍?!

02.19.2017 · Posted in 医療全般

医師は製薬会社にいわれたまま、クスリを出すだけ。

これが、治療?
その前に、副作用はわかって出しているのか?

副作用についてもちゃんとわかっているといったって、製薬会社の言いなりでしょう。
クスリを売るための情報なんだから、それほど悪いことは言わないでしょう。

医師は、自分の知識で病気や症状をなんとかするということを放棄してる。
ただ、ただ製薬会社の手先。

●交通事故死の約20倍?!薬の副作用で死んでいく悲しい現状 (さらに…)

震災遺児の遺産で叔父が贅沢三昧

02.19.2017 · Posted in 子ども, 社会, 震災復興

子ども1人だと本当にどうにもできない。

血縁だからといって簡単に全部預けるのは危険過ぎる。

未成年後継人を定期的にチェックすることはできないのだろうか?

懲役6年も短すぎる。

お金は戻ってこないし、この子はこのあと、どうやって生きていくのだろう・・・

それにしても朝日新聞が片棒担いでいて何の責任も問われないのは腹がたつ。

メディアは自分たちの報道による影響に知らんぷりでやっていけるなんて楽なもんだ。
この子が自殺してたら、自殺幇助になるのに。

●震災遺児の遺産で贅沢三昧 叔父の悪行 ベンツ、ロレックス、ハーレーダビッドソン… (さらに…)

もうすぐ6年 志津川病院

02.16.2017 · Posted in 震災復興

東日本大震災からもうすぐ6年。

南三陸町志津川病院での、当時の状況を、今あらためて読み返す。

震災から1週間後、その地に出向いた時の記憶と、あの、言葉が出ない、得も言われる感覚がよみがえる。

決して忘れてはいけない。
(さらに…)

ワクチン接種後のアフリカの子供達

02.16.2017 · Posted in ワクチン

ワクチンをうつとどうなるのか。
ワクチンを多くの人に接種させることは、一体、何を意味するのか。

病気を予防するものではないのは確か。
国が推奨してるから、といって打った後どうなっても誰も責任はとらない。

あくまで化学物質。一般の人は、どんな成分かもよくわかってない。

そんなものを体内に入れるということは、どういうことか、

ビル・ゲイツは何をしようとしているのか。

よく考えないといけない。 (さらに…)