fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

Posts Tagged ‘子どもの貧困’

困窮な子どもたちを支援するには

06.29.2016 · Posted in 子ども

日本の子どもの6人に1人が貧困ということがようやく浸透してきて、様々な支援策が現れてきている。

支援策もひとつの視点ではダメ。困難な状況に陥っている人、子どもは、食事、金銭、教育、病気、障害など様々な要因が複雑に絡み合っているので、ひとつの手を差し伸べたとしても簡単に解決できないのが現状。

また、支援策にもたどりつけない人が多い。そもそも、いろいろな情報を発信しても、ネットやメディア、人間関係が乏しいと情報そのものにアクセスできない。

本当に困っている人に、どうリーチするかが、非常に重要な課題。

(さらに…)

子どもの貧困への支援

03.29.2016 · Posted in 子ども

日本の子どもの6人に1人が貧困状態という事実。

きちんと受け止めている大人は、どれくらいいるのだろう?

ただ、お金やモノを渡すだけでは、何も解決しない。

子どもの状況は、本当なら学校で把握できるはず。
学力だけ見ても何もわからないし、いろいろな言動には理由がある。

集団生活として浮いてしまう言動を、すぐに問題行動として「悪」と判断するのは頭の固いバカな大人のやること。

教師や周りでケアする大人が、もっと想像力を駆使し、様々な社会の姿の知識があれば、理解や判断ができるはずだと思うのだが。

こういったシンポジウムに参加する人は、真剣になんとかしようと考えている人(だと考えたい)だと思う。

「共感」の部分には、体験や感受性も関係してくる。
いろいろな視点から理解を深めて支援につなげてほしい。

子どもだけの問題ではなく、親、環境、経済、病気、障害など・・・様々な要因が複雑に絡み合っているので、現状をきちんと把握することとその解決を連携すること、子どもの性格や考え方に配慮して、一方的な解決策を押し付けないことなどが大前提になると思う。

しかし、実際には、福祉と教育の縦割り行政で連携は取れていないし、各自治体での予算の配分や考え方、教師やそれぞれの担当者、専門家といってもスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーそれぞれの捉え方、考え方の個人差であまりにも違いが出すぎる。

そして、複数が関わることで、責任も押し付け合い、子ども本人がどこまで救われたのか、効果や結果を判断するのに、長い期間を要する。

長期間の支援を継続できる仕組みが必要だと思うが、今の日本全体としては子どもにそこまで手をかける気がないのが見え見えで、ごく少数の心ある人たちの努力だけでなんとかなっている。もっときちんとした仕組みができないものか・・・

●ケアは共感が鍵 子どもの貧困と学力の問題
(沖縄タイムス 2016年3月28日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=160676

(さらに…)

貧困大国・日本がわかる本

09.19.2015 · Posted in 子ども, 社会

●「貧困大国・日本」の現実から目を背けてはいけない
日本の貧困問題をあぶりだす3冊
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44788

AFPBB News〕2015年4月の厚生労働省の発表によると、日本のホームレス数は6541 人。最も多かったのは大阪府で1657 人。
(さらに…)

子どもの貧困、年々悪化

08.24.2014 · Posted in 子ども

子どもの貧困、年々悪化。

●社説:子どもの貧困 教育の機会を均等に
毎日新聞 2014年08月24日 02時32分
http://mainichi.jp/opinion/news/20140824k0000m070129000c.html

 子どもの貧困率が年々悪化し、国民生活基礎調査では2012年に16.3%と過去最悪を更新した。経済協力開発機構(OECD)やユニセフの調査でも日本の子どもの貧困率は高い部類に属する。政府は必要な政策をまとめた大綱を近く閣議決定するが、現状を放置することは許されない。どのような家庭環境に生まれた子にも未来への機会が開かれている社会にしたい。 (さらに…)

電話で届く子どもの生の声を伝え、子どもが生きづらい社会を変える

11.27.2011 · Posted in Interview, 子ども

認定NPO法人 チャイルドライン支援センター
専務理事・事務局長 太田 久美さん

●子どもたちの声を社会に反映

「誰でも、わが子は大事。わが子だけ良ければいいという人が増えているが、わが子と同世代の人たちが生きる時代が、安心・安全・豊かでなければ、必ずわが子に跳ね返ってくる。だから、わが子だけでなく、みんなが幸せになれる社会を作っていかないとダメなんです」。

『チャイルドライン』とは、18歳までの子どもなら誰でも、全国どこからでも、自分の気持ちや抱えている問題などについて自由に話すことができるフリーダイヤルのこと。認定NPO法人 チャイルドライン支援センターは、全国44都道府県の74のチャイルドライン(2011年6月1日現在)の活動をネットワークし、チャイルドライン全体の広報や研修を担当している。ヨーロッパから発祥したチャイルドラインは、英国ではその番号を知らない子どもはいないが、日本では知名度が低い。子どもの世界で起こっていることは、社会を映すといわれるが、太田さんは、子どもたちの声から、多くの子どもたちが置かれている状況を社会に伝え、生きやすい社会づくりのために活動している。 (さらに…)

誰もが幸せと感じる社会のための考える機会を提供

03.10.2011 · Posted in Interview, 子ども

子どもHAPPY化計画 代表 佐藤 俊恵さん

●日本の子どもの現状を伝える

「子どもの相対的貧困率は14.2%、ひとり親家庭の相対的貧困率は54.3%(2009年秋厚生労働省公表)。ひとりひとりの幸せを測ることはできないけれど、幸せと感じる社会的な尺度がなければ、人は幸せを実感できないかもしれません。今、その社会的な尺度が、なくなってきているんじゃないでしょうか」。

『子どもHAPPY化計画』は、2009年には勉強会、2010年は様々なスピーカーを招いたワールドカフェを開催し、日本の子どもの現状について情報を発信しながら、多様な価値観を認め合いつつ、人々が幸せな社会をつくるためにはどうすべきかについて様々な視点から考える場を提供している。 (さらに…)