fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

世の中にバカが多い理由

10.06.2017 · Posted in 社会

金儲けをするには、バカを量産して誘導すること。

テレビはそのためにある。

「バカは教育によって治るはずだ」→ 「教育でバカを増やす」のが実態ではないか。

 
ずいぶん昔の話ですが、仕事の企画で民放テレビのディレクターに会いにいったことがあります。
  
彼は30代後半で、視聴率の高いワイドショーを担当し、業界ではやり手として知られていました。
 
「僕の話なんか聞いたって仕方ないですよ」
開口一番、彼はそういいました。
 
「昼間っからテレビを見ている視聴者って、どういうひとかわかりますか? まともな人間は仕事をしているからテレビの前になんかいません。暇な主婦とか、やることのない老人とか、失業者とか、要するに真っ当じゃないひとたちが僕らのお客さんなんです。彼らをひとことでいうと、バカです。僕らはバカを喜ばせるためにくだらない番組を毎日つくっているんですよ。あなたの役に立つ話ができるわけないでしょ」 (さらに…)

老害に、年齢は関係ない。

10.03.2017 · Posted in ことば

老害に、年齢は関係ない。

>自分の当たり前でしかモノ言えなくなったら全員老害だよ。
年齢関係ないよ。

精神科医を全学校に配置。長崎県

09.28.2017 · Posted in 子ども, 精神医療

先生の言うことを聞かない子、手のかかる子は、皆クスリ漬けにされる!

これはヤバい!

長崎県大村市では「教育の支援」という旗印のもとで、精神科医を全学校に送ることを始めるそうです。

精神医学の実態を知らないとこういうことになります…。

21768372_1460018787387116_5983406956988368511_n

大村市には大村共立病院という精神病院がありますが、ここを経営するカメリアグループの副理事長の宮田雄吾医師はは、ここ10年くらい教師や教育委員会、カウンセラー、保健師、親などを対象に全国で講演を行っていました。どんな知識を吹き込んでいるのか気になりますよね…。彼の講演会の資料を拝見しますと、実に巧妙に 「精神科へ行くことに同意させるか…」 ということが述べられています。

では、宮田医師が書籍でどのようなことを述べているのかがヒントになると思います。新潮社『子どもの心の処方箋 精神科児童思春期外来の現場から』(著者:宮田雄吾)から一部引用します。
(さらに…)

森の中に『猫の町』(トルコ)

09.27.2017 · Posted in 動物

トルコの黒海地方にあるサムスン市に、四国の半分ほどの大きさの森林区域の一角に『猫の町』と呼ばれる野良猫たちの施設が設立されている。

障害があっても高齢でも、どんな猫でも受け入れてくれるうえに、常駐スタッフがいて病気の治療や健康管理もしている。

人間と猫の共存をめざしているのが、素晴らしい!

見た目のかわいらしさだけで飼い始め、言うことをきかない、面倒くさいといって捨てたり、保健所に連れていく最低な日本人とは段違い。

●野良猫が幸せに暮らせるように、森の中に『猫の町』を作った人達。猫達も町の暮らしに満足しているようで
http://eureka.tokyo/archives/125551 (さらに…)

学校で朝食提供

09.27.2017 · Posted in 子ども, 貧困

これは画期的!

子どもの貧困問題を解決する、大きな一歩。

●学校で朝食提供、欠食率改善へ フードバンクや住民協力
(朝日新聞 2017年9月24日)

http://www.asahi.com/articles/ASK7Q5J79K7QTIPE01F.html

学校や地域が子どもたちに朝ご飯を提供する動きが広がっている。福岡市では七つの小中学校がパンやバナナを出している。沖縄などでは朝ご飯を出す子ども食堂も生まれた。朝食の習慣を身につけさせ、健やかな成長を促すのが狙いだ。・・・

中3の15%、短文も理解困難

09.25.2017 · Posted in 教育

中3で、そんなことが起きるのは、小学校からの積み残しが溜まった結果。

めんどくさい子どもの理解を先送りにしたから、わからないことが増える。

小学校の教師は、一体、何をしているんだろうか。

きちんと教えられる教師もたくさんいる一方で、本当にどうしようもない教師がいる。

小学校は、担任が全教科教えるから、ダメ教師に当たったら、1年間、すべて教科の学力だけでなく、学習意欲も知的好奇心もすべて遅れてしまう。

民間なら仕事で結果を出せないとダメ社員、左遷になるけど、教師はならない。
甘えの構造、逃げて済む世界。

子どもにとっては、どんな先生にあたるかで、人生が変わる。

ロシアンルーレットみたいな学校、何とかできないのか。

●中3の15%、短文も理解困難 教科書や新聞で読解力調査
(東京新聞 2017年9月23日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017092302000119.html
(さらに…)

「できない」という前に

09.24.2017 · Posted in view

「私、コレ、できないんです」
「苦手なんですよねー」
「ちょっと無理なんですよ」

その一言を発する前に、どれだけトライしてみた?

何度か繰り返してやってみたのか?

うまくできる方法を自分なりに考えてみたの?

ちょっとやってみて、気が乗らなかったから、即、止めたんじゃないの?

自分で「できない」と制限つけておいて、人に頼る=他人にやらせて、自分は楽をしようとするのは、止めてください。

子どもには「できるまで、あきらめるな!」と偉そうにいうクセに、自分ではやらない大人が多すぎる。

「がん保険」がんになってもお金は出ない

09.21.2017 · Posted in ガン

「金融庁としては、契約者が損するかどうかよりも、保険会社を破綻させないことのほうが重要なんです。金融庁のお墨付きをもらって、確実に儲かる保険商品を作っているということです」

国は、個人より企業優先。

保険商品のなかでも最悪なのが、ガン保険。

ガンは、治療で医者を儲けさせ、保険商品で保険会社を儲けさせる。

●被害者続出、いったいどういうことだ!「がん保険」がんになってもカネは出ない
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39551