fine-club.project approach with well-balanced mind for a balanced life

ロキソニン(鎮痛薬)の怖さ

11.26.2016 · Posted in 健康, 医療全般

「ロキソニンを飲み続けたせいで、体温調節する中枢である脳幹の部分の血管が、異常に収縮し、右脳に血液が流れにくくなったのが原因」

ロキソニンは、解熱剤でもあるので、飲み続けると、体温は下がり続ける。長期に服用すると血管が収縮し血管障害を引き起こす副作用がある。

左半身麻痺にまでなって、医師に抗議して、ロキソニンを飲むのを止めたら、治ったとのこと。

ロキソニン、こわい!

●母はロキソニンの副作用で脳幹梗塞になりました(実例) | 健康と病気事典

http://kenkoubyouki.com/?p=4623

(さらに…)

キレる子をつくる食生活

11.04.2016 · Posted in 子ども, 砂糖・糖質, 食品添加物

キレる子をつくる食べ物といえば
・白砂糖を使ったもの(甘いお菓子、チョコ、アイス、ケーキなど)
・清涼飲料水(コーラ、ジュース、炭酸飲料など)
・精製された穀類(白米・菓子パン・うどんなど)
・食品添加物
・スナック菓子
・ジャンクフード

これらのものを食べると低血糖になりやすいし、虫歯にもなりやすい。
糖質のかたまりなので、ビタミンもなく、栄養不足になる。

(さらに…)

インフルエンザより、ワクチンのほうが危険

11.04.2016 · Posted in ワクチン

インフルエンザは、毎年、◯型だーといわれていますが、どんどん進化していくので、ワクチンの製造が追いつくはずがなく。

それに症状をおさえる効果も周りにうつすのを阻止する効果も何もない。

健康な身体に、ワクチンという病原菌をわざわざ入れること自体ナンセンス。

(さらに…)

向精神薬もドラッグも同じ

11.01.2016 · Posted in 向精神薬

LSDもヘロインもコカインもシャブなど、麻薬や覚醒剤は製薬会社が開発したもの。

向精神薬、抗うつ剤なども同様。

前者は健康に悪いのに、後者が身体に良いわけがない。

成分を調べればわかること。

「医者が出すクスリ」を信用している人が多すぎる。医者さえ信用できない。

副作用や依存性で苦しむのは、本人なのに。

他人に身を任せて取り返しがつかないことになる前に、自分で調べて、自分の身を守ること。

(さらに…)

低体温の問題

10.29.2016 · Posted in 健康, 子ども

低体温だと、免疫力が低くなり、アレルギーが出やすく、病気にもかかりやすい。

「戦前の統計によれば子どもの正常体温は0~6歳は38度台が一般的で、6~12歳は37度台くらいに下がってきて、やっと12歳を超えると36度台くらいになってくるのです。」

子どもは大人に比べて体温が高いのが普通。

「37度で微熱があると考えている人はすでに間違い」です。
(さらに…)

大阪市・子ども貧困調査:経済難で受診できず、1.3%/食事を満足に取れない子どもたち

10.26.2016 · Posted in 子ども

日本の子ども6人に1人が貧困といわれる現在。
大阪市の貧困調査では、1.3%が「経済難で医療機関に受診できなかった」「食事も満足にとれない」という報告があがっている。

少子化の今、高齢者よりはるかに人数の少ない子どもたちに、なぜ手厚い保護政策をうたないのか。

「投票権がないから一票につながらない」という政治家たちの大人の都合か?

それとも、一握りの金持ちの子どもたちと学校や大人が洗脳した都合よく扱える子どもだけでいいというのか?

子どもを大切にしない国が今後どうなっていくのだろうか・・

——
大阪市・子ども貧困調査:経済難で受診できず、1.3%
速報値発表 「食費を切り詰めた」4割超にも (さらに…)

仕事をするということ

10.23.2016 · Posted in view

仕事をする以上、それなりのプライドを持って、自分なりに最大限を駆使してクオリティを追求するわけです。そのプライドとクオリティのバランスは、その人だけのものかもしれません。そこに付随する対価も、その人独特のものかもしれません。

自分の能力を発揮できる仕事をしてクオリティを発揮できれば、それ相応の対価は欲しい。でも、必要以上にふっかけるか。その金額は、それぞれの業種や職種やキャリアにもよります。

プライドがあるからこそ、これくらいのクオリティは保ちたい、逆に、自分のなかでの納得できるクオリティを発揮できない仕事に関しては、プライドは保てないわけです。満足できる結果を出せないと、クソ!と思って、なぜ、達成できなかったかを自分なりに検証する。

そこのバランスが、自分とあまりにもかけ離れている人とは、共通言語で話ができない。
そこそこのクオリティの仕事しかしないのに、プライドばかり高いのは、解せないし、許せない。さらに相場以上の金額を要求してくるのは理解できない。

まあ、要するに、価値観が近い人でないと、いい仕事はできないってこと。
仕事の内容は大事だが、誰とするかはもっと大事。

ファブリーズの危険性について

10.21.2016 · Posted in 健康

少しでもニオイがあると、ファブリーズを吹きかけまくる人がいますが、どれだけ危険か!

ペットのトイレのニオイが気になるといってかけまくって、肝機能障害で亡くなったとの報告もあり。

消臭成分は『トウモロコシ由来消臭成分』とかいってるけれど、第四級アンモニウム塩という化学物質。これを含む床用洗浄液を使った後で、アレルギー性ぜんそくが発症した例も。

噴霧だから鼻から入るから、肺、血管を使って脳にまでいく。

こんなに危ないものを成分の表示義務もなく、普通に売られているわけだから怖い。

●ファブリーズの危険性について – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/m/odai/2141147440485682201

災害時に情報収集できるWEBソースまとめ(2016年版)

10.19.2016 · Posted in 震災復興

2016年は、熊本地震に続き、鳥取でも地震。

日本全国どこで地震が起きておかしくない。

いくら備えても損はない。

●災害時に情報収集できるWEBソースまとめ(2016年版)
(防災ガール) 
http://bosai-girl.com/2016/04/16/saigai_web2016/

何か災害が起きた時、必要な情報をどうやってチェックできるかまとめました。
自分が被災した時、また被災した知人に教えたいときにご活用ください。

(さらに…)

腸内細菌はバランスが重要

10.10.2016 · Posted in 健康

「腸内細菌が身体にいいから」といって、善玉菌が入ってますよ〜とCMでうたっている食品をとっても、そもそもそのCMが正しいのか?(CMとは売りたいがためにいいことしかいわない)

人間の身体にはたくさんの細菌が存在するのに、善玉菌といわれるものばかりでいいのか?
そもそも、そんな簡単に、善玉vs悪玉 と善悪にわけられるのか?

ちょっと考えれば体感的にわかるはず。でも、身体にいですよ〜といわれると簡単に洗脳されたがっている人が多すぎる。

なぜ、そこに存在しているのか、どういう存在のしかたいいのかを考えると、バランスが大切ではないかと気づく。そのバランスも、人ぞれぞれの住んでいる環境や食生活でも変わってくる。

単純なデータではわからない。

————-
●腸内細菌が体にいいという嘘(うつみんのブログより) (さらに…)